ブログ|株式会社玉杢

オフィシャルブログ

R3.11中旬

image0_11.jpeg image1_11.jpeg image2_11.jpeg image3_10.jpeg image4_10.jpeg image5_9.jpeg image6_2.jpeg image7_2.jpeg image8_5.jpeg image9_5.jpeg image10_5.jpeg

再び看護学校大塚校改修工事です。
軽量鉄骨下地がある程度進んだので壁の内側に手摺や家具、吊戸棚、洗面器、等を取付ける際に必要になる木の下地をプラスターボートを貼る前に仕込みます。とても需要な仕事です。下地がなければ一度貼ったプラスターボードを剥がし下地を入れてボード復旧になります。家具等地震で倒れないように固定取付出来る様に、吊戸棚は落ちて人身事故など起きない様に、トイレットペーパーホールダーちょうど良い位置にガッチリ取り付けできる様に前もって施工しておきます。

R3.11.中旬

image0_10.jpeg image1_10.jpeg image2_10.jpeg image3_9.jpeg image4_9.jpeg image5_8.jpeg image10_4.jpeg image8_4.jpeg image9_4.jpeg

以前、勤めていた会社での学校等の工事で設備工事の会社さんが業績いいのか、最近工事がなく見積りが安くなったのかで、事務所の新築されるという事で工事に参加させていただきました。とても綺麗に仕上がっています。備付家具は仕上げではあまり使わないラーチ材がほとんどでした。
組み上げて納めてみると中々の見栄えです。とても勉強なりアリだなぁと思いました。設備屋さん綺麗な新社屋でバンバン頑張って下さい。

R3.11.中旬

image0_9.jpeg image1_9.jpeg image2_9.jpeg image3_8.jpeg image4_8.jpeg image5_7.jpeg image10_3.jpeg image8_3.jpeg image9_3.jpeg

以前、勤めていた会社での学校等の工事で設備工事の会社さんが業績いいのか、最近工事がなく見積りが安くなったのかで、事務所の新築されるという事で工事に参加させていただきました。とても綺麗に仕上がっています。備付家具は仕上げではあまり使わないラーチ材がほとんどでした。
組み上げて納めてみると中々の見栄えです。とても勉強なりアリだなぁと思いました。設備屋さん綺麗な新社屋でバンバン頑張って下さい。

R3.11.中旬

image0_8.jpeg image1_8.jpeg image2_8.jpeg image3_7.jpeg image4_7.jpeg image5_6.jpeg image10_2.jpeg image8_2.jpeg image9_2.jpeg

以前、勤めていた会社での学校等の工事で設備工事の会社さんが業績いいのか、最近工事がなく見積りが安くなったのかで、事務所の新築されるという事で工事に参加させていただきました。とても綺麗に仕上がっています。備付家具は仕上げではあまり使わないラーチ材がほとんどでした。
組み上げて納めてみると中々の見栄えです。とても勉強なりアリだなぁと思いました。設備屋さん綺麗な新社屋でバンバン頑張って下さい。

R3.11.中旬

image0_7.jpeg image1_7.jpeg image2_7.jpeg image3_6.jpeg image4_6.jpeg image5_5.jpeg image10.jpeg image8.jpeg image9.jpeg

以前、勤めていた会社での学校等の工事で設備工事の会社さんが業績いいのか、最近工事がなく見積りが安くなったのかで、事務所の新築されるという事で工事に参加させていただきました。とても綺麗に仕上がっています。備付家具は仕上げではあまり使わないラーチ材がほとんどでした。
組み上げて納めてみると中々の見栄えです。とても勉強なりアリだなぁと思いました。設備屋さん綺麗な新社屋でバンバン頑張って下さい。

R3.11.初旬 

image0_6.jpeg image1_6.jpeg image2_6.jpeg image3_5.jpeg image4_5.jpeg image5_4.jpeg

大塚の看護学校は軽量鉄骨で内装の壁の下地を作るので一旦離れます。
大手印刷会社様の依頼でYouTube撮影室を神楽坂に作る依頼があり、行っていました。のりこみのひには解体は終わっていてコンクリート面があらわになっていました。お高めな居酒屋さんだったらしく、厨房設備などがあったであろう給気換気の穴が所々にあります。まずはその穴を埋めたりコンクリート面のに釘などの残骸があるので抜いたり、平に削ったりまぁまぁ沢山ありました。出入り口付近の床コンクリートは構造上80㎝位の大きな段差があり普通に歩行ができないので階段の造作をさせて頂きました。後はトイレや廊下の天井に工事や点検がしやすい様に点検口を施工しました。
YouTubeの撮影スタジオを本格的につくるなど時代は変わってゆくのだなぁと思い、私達の携わる内装工事も一時は落ち着きすぎてどうなるかと思っていましたが、やれる事はまだまだあるんだなぁと思いました。仕事は以前よりかはまだまだ少ないですが、頑張ります。帰りに外に出るとお洒落な日本料理屋さんや居酒屋さんの看板が所々につき賑わっていました。日本では一時的かコロナウィルス騒ぎが落ち着き、夜呑みに出掛ける人達が増えてきました。海外では感染者が急激に増えてきているニュースが報道されていますので、今一度、感染対策の徹底が必要と思っています。皆様くれぐれも呑み過ぎに注意して頂き、来るであろう第6波を早目に乗り切れる様に準備しましょ。

11/初旬

image0_5.jpeg image1_5.jpeg image2_5.jpeg image3_4.jpeg image4_4.jpeg image5_3.jpeg

看護学校大塚校改修に参加させて頂きました。既存の内装を解体しコンクリート面が現れました。まずは窓などのアルミ枠に新しい木枠をつけていきます。

R3.11.1-2

image0_4.jpeg image1_4.jpeg image2_4.jpeg

ドックランは外にも続いていて外部階段にも簡易扉を取付けます。内部同様の簡易鍵を付けて工事終了しました。可愛いわんちゃん達が広い範囲で走り回れるよう設計されています。

R3.11/1-2

image0_3.jpeg image1_3.jpeg image2_3.jpeg image3_3.jpeg image4_3.jpeg image5_2.jpeg image6.jpeg image7.jpeg

カウンターが壁材に呑み込んでましたのでその部分のみを同材で埋めます。既存は塗装がされていますので後程塗装屋さんになってもらいます。ドックランの木工事では範囲を区切る柵の取付です。金物の支柱をコンクリートの床に固定して木製の支柱をかぶせ支柱〜支柱間を木製の腰壁で塞ぎます。出入りの際の扉を付けてワンチャンが飛び出さないように簡易鍵的を付けて室内の木工事は終了です。

〒174-0064
東京都板橋区中台3-2-18
株式会社 玉杢
mobile;090-2639-6361
Fax;03-6320-7711

トップページ


LINE友達登録

https://lin.ee/a8fdWqq

R3.11.1-2

image0_2.jpeg image1_2.jpeg image2_2.jpeg image3_2.jpeg image4_2.jpeg image5.jpeg

愛犬ドックセンター→カウンターに付いていたコンセント、Wi-Fi、LANケーブルなどは必要なので近くの壁に移設です。